キイロイ

若手俳優と惑星アイドル

Hey!Say!JUMPと究極の恋愛シミュレーション

推しの現場が無かったりすっごい疲れてたりすると時々ジャニーズに走るのだけれど、たまたま見た伊野尾くんの顔面が好きでHey!Say!JUMPを嗜むようになった。裕翔くんの顔面も最高。
普段は舞台系若手俳優推しを追っかけてるので、JUMPさんについては大して知識も無い新規茶の間ですが悪しからず。

★メンバー構成
年齢は最年長と最年少で4つくらい違うのかな??有岡くんと同い歳だと歳上も歳下もタメもいて楽しそう!
身長も175cmOverから160cm前後まで取り揃ってる。(若手俳優界隈では175cmだと平均身長)
キャラも、正統派アイドル(美意識最強)から小さい男前(小悪魔)、とにかくめっちゃモテるバスケ部キャプテン系(天真爛漫)、帰国子女(ゴリラ)、やんちゃ(リア恋枠)、顔が可愛い(チャラい)、お笑い、強面(優しい)、気さくなお兄さんまで。
少女漫画の男の子並べて誰派?ってやるみたいに王道ジャニーズ系が揃ってるのはセブン、女性オタク向けアイドルゲームみたいにキャラ揃いなのはベストって印象。
身長もキャラも年齢も、人数が多い分揃ってて恋愛シミュレーション向きなグループ。キャスティング天才かよ。

★歌詞(楽曲)分析
無差別にアルバムを聴いてるので取り零し多いです。

恋愛モノが多い中、シチュエーションは学生、職場からペットショップまで多種多様。
そしてなんと言っても逆ハーレムモノがハマる!

気になった楽曲ピックアップ。

♡真夜中のシャドーボーイ
UltraMusicPowerの次に聞いたJUMPさんの曲が確かこれだった。この楽曲からファンとJUMPの恋愛シミュレーションが始まったのかなぁ。
「こっち向いてよ チェリー」の呼びかけも、当時中高生だった同年代ファンにぴったり。
初々しいセクシーソングは10代だからこそ。これを今やったらちょっとエグいので、大人になったJUMPさんはPuppy Boo歌う。

♡Romeo & Julliet
「僕はロミオ 僕もロミオ 僕がロミオ」
初っ端から戯曲完全無視の逆ハー展開。
「僕たち Romeo & Julliet」と、アイドルとファンの関係をロミジュリの身分違いの恋に当てはめたストレートなリア恋救済ソング。
楽曲のHappy具合にはシェイクスピアも真っ青!

♡スーツデイズ
3年(曖昧)経って舞台が教室から通勤電車になった、シチュエーションのリアルタイム性が魅力な2曲。
放課後校舎裏に呼び出しまでしたのに逃げたんだ…というベストらしい(?)ヘタレ方が可愛い。でも、「その手を掴み走り出したい」だった彼が「電車に乗り込んだ君の手を掴んで走り出した」になって、学生時代には無かった男気に惚れそう。「未来ごと抱きしめて」奪って欲しい。

♡Come On A My House
「彼が好き?」「ボクが好き?」「カレーが好き?」と呼びかけられる片思われソング。
知念くんに子犬みたいに見つめられながら「ボクが好き?」からの「ホントに君が好きだよ」とか言われたら食い気味に「彼じゃなくてキミが好きだよ!!!」って答えちゃう。後でサイフと呼ばれても良い!カレーも買っちゃう!
タイトルの通り、JUMPさんの楽曲の中でも断トツ甘えっ子な歌詞が最高。

♡我 I need you
某ステではファン投票1位になってた、多分歌詞の偏差値は最下位の曲(会ぅいTimeって何)。
ノリ良いしわたしも好き!
「それでもそのうちなんとかなって オタガイニ 我 I need you!! 気がついたらふたり手つないでたりなんちゃって」
の歌詞が最高に夢思考。リア恋が何の根拠もなく描いてる「未来ビジョン」を対象が歌ってくれる優しい曲。
「い〜ですよ〜!!」は全力で本気の願いを込めて叫んでしまうでしょう。

♡Puppy Boo
女性向け恋愛シミュレーションアプリゲーム!この記事の表題に対しては代表となる一曲。
コテコテのヒロイン、歯が浮くような台詞。相手がトップアイドルのJUMPさんだし、「楽曲」であるお陰でヒロインへの自己投影もしやすい贅沢さ。
「仕事まだ終わらないの?手伝わないけど」とちょっと意地悪な伊野尾先輩の後に「送ってやろうか?待っててやるから」という優しい髙木先輩が登場する。わたしは逆ハーソングだと思って聞いてます。
「優しい首輪みたいに手を繋いじゃうぞ」
「近づかなきゃ何もできない どんな意味か知りたきゃそばにおいでよ」
「お仕置きという名のキスをしちゃうからね手加減しないから」
何次元だよ?!みたいな歌詞が続いて胸やけしそう。
好きな子には意地悪しちゃうけど他の人に懐くのは許せない!
ファンの事をどろどろに甘やかしちゃう、世間様にはお披露目不要、ファンとJUMPの秘密にしておきたい楽曲。

♡ペットショップラブモーション
言うまでもないペットと飼い主というシチュエーションソング。出会い編。
歌詞はぜんぶ取り上げたい程にぎっしり萌えと救済と夢が詰め込まれている。特に「泣き止むまでダメ離さない」は可愛い顔して雄が全開で好きです。
歌ってる4人全員そこそこの20代になったからこそ歌えるあざとさ。10代は10代で可愛いのだろうけど、照れも無くネタでも無く全力ぶりっ子でしかも可愛い、1番良い時期に歌ってる。
「僕を連れてって」と歌ってる割に最後「連れてかれちゃうかも…」って葬式みたいなテンションで言い出すペットたちというオチはついているけれど。

♡キミアトラクション
9人から「君がNo.1」と言ってもらえる最高の逆ハーソング。
Chau#と並ぶくらい可愛いPV。強いて言うなら山田くんには最後までカメラ目線させて欲しかった。監督との解釈違い。夢○望とかで売ってそうな靴はリア恋が履いてそうで良い。

♡真剣SUNSHINE
太陽の光から君の肌を守るよ!という日焼け止めの擬人化ソング。
『我 I need you』の偏差値最低と褒めたけど、この曲もだいぶ偏差値低い。
「馬鹿みたいに好きだ!!」という詞が馬鹿みたいで好きだ!

♡Precious Girl
10thYearの新曲。
今までの楽曲と明らかに違うのが、歌われてるヒロインと歌ってるJUMPさんの間に「恋愛」が無い。わたし(ファン)はJUMPさんじゃない誰かに恋しなければならなくて、それをJUMPさんから応援してもらう、という難易度の高いシチュエーション。
JUMPさんとファンが大人になるに連れて、関係性も変わっていかなければいけないのかしら。いつまでも青春気分逆ハー両片想いでいたいのに…去年みたいに「お前が好きだ!」って歌ってよ。
これを聞いて某先輩のCMタイアップ曲みたいに、してもいない結婚を祝われる日も遠くないな、と思った
……けどもう山田くんがそんな曲作ってた(Candle)。

他にも取り上げたい曲あるけどとりあえず以上!
夢思考なしで個人的に好きな曲は「明日へのYELL」と「コンパスローズ」です。


★以下は蛇足
若手俳優界隈もアイドルみたいなことするけど、どうしても「夢に向かって頑張る君を応援するよ!」色が強いと思う。しかもこれ、アイドルからわたしたちへではなくって、わたしたちからアイドルへ。
テレビに出ない若手俳優の立場は弱い。天下のジャニーズさんと比べなくても、俳優業だけでは食べて行けなくてバイトしてたりするし。
そうすると、嗜好品にお金を出す余裕のある(※余裕はない)わたしたちからしたら、頑張る彼らを応援する事になるのは仕方ないし、それが楽しみでもある。
JUMPさん達の地位だからこそ、究極の恋愛シミュレーションを作ることができた。それに、多少邪まな対象にしても罪悪感のない距離感だよね。向こうからも個別認識できないから、ファンという一種の概念でしかない。若手俳優に、ひとクラス分にも満たない客数のファンイベで「応援してくれるみんなのお陰で〜」なんて語られたら、気の毒過ぎて夢対象になんてできないよ!

結局若手俳優語りになってしまったのでこれで終わり。


10周年おめでとうございます!!!