キイロイ

星乃勇太と宇宙人アイドル

「昆虫戦士コンチュウジャー 〜ただの再演じゃ終わらない、そうだろみんな!?〜」2017年5月13日マチネ@あうるすぽっと

初あうるすぽっと。座席数300くらいって聞いてたからこじんまりした劇場かと思ったら、ゆったりと座席が作られた広い劇場だった。ロビーも無駄に広い!公共の施設だとこういう贅沢な作り方できるよなぁ。通路より後ろのセンターに座れたせいか観やすかったし、こういう施設もっと積極的に使えばいいのに。


昆虫戦士コンチュウジャーが30年の眠りから覚め、地球を守るべく爬虫類帝国と戦ったり戦わなかったりするストーリー。ベタなヒーローショーから始まり、最初は演技もベタなせいか(特にカブト虫)少しダレて「2時間耐えられるか?!」って思ったけど、途中で立て直して結果的にはおもしろかった。(カブト虫に演技は最後までベタだった)コメディを中心に歌わせてみたり踊らせてみたり少し泣かせてみたり、盛りだくさんな上で大団円で終わる感じは『コミックジャック』を連想させる。軽ーい観やすい感じです。行かなきゃ損って程じゃないけど、疲れた心と身体には良いかも。
若い頃の時羽奏を演じる本田礼生くんはとても可愛かった!もとさんも若手ヒーローと並んで一生懸命動く姿が面白くて愛しいのだけど、若いころの礼生くんもその変わらない根本部分が観られた。最初の裏返った返事がもう可愛いくて、おどおど逃げ回る姿、戦わずに解決しようと考えて悶える姿、愛しくないわけがない!ジョーの弾丸に当たり息も絶え絶え話す礼生くん。こんなに優しい子がなんで…と泣けるのと、咳込んで苦しそうで可愛いっていうのと。最後、姫抱っこで連れて行かれる姿まで愛しさが溢れてました。出番は決して多く無いけど良い役だった。
コンチュウジャー達それぞれクズな部分が露呈するのは面白かったけど、個人的にはもっと突き抜けてクズでも良かったかなぁ、と。紅一点の桜田ファミリア明日香と女性幹部トカゲ参謀は対照的で面白かったのでもっと殴り合って欲しかったです。女性が書いたらあそこもっと悲惨だったと思う。体型についてはずっと思ってたから自虐ネタになっててちょっとすっきりした。

今作で描き切ってる感じがしたから続編どうなのかな、面白いのかな。実際、コメディってだけでなく、のエピソードがあったから良かったかなぁってとこがあった。軽く笑って泣いて軽い気持ちで帰れるのはとても良かったので、時間が合えば続編も行こうと思います。